重要!】ウェブサーバ性能

ウェブサーバの性能が業務効率に直結します

一般向けと業務対応の違い

一般向けは趣味など個人向けに低価格で提供されているまたはmISPなどの契約時無料でついてくるサーバとなり、
業務対応サーバに比べ性能が劣る

ウェブサーバもお使いのパソコン同様各種色んな種類とグレードがあります。

一般向けはあくまで入門用に等しく各種性能制限が存在します。
例えば同時アクセス(ホームページ閲覧)に人数制限があるとか、サーバまでの通信速度が遅いとか、そもそもサーバの性能が悪いために遅いとか、電子メールアカウントの作成数に制限があるとか、
よくホームページ回覧中に中々表示されないホームページがだいたいそれに当たります。
業務用として使用するにはページが中々表示されないとなると致命的ともいえるかもしれません。
表示されなければ次のページを探しに行ってしまいますから。
また、そのようなサーバでもオプションで複数の電子メールが契約できるものもありますが、
やはりここでも、その性能に影響される場合があり、社員全員で電子メールの送受信を行うとなかなか送受信が行えないなど。

極端なたとえ方をするのであれば、

・一般向け、ISPおまけなどのウェブサーバは、自転車原付、軽自動車
・業務対応は、セダン、サルーンカー、クルーザー
みたいな感じで、使う側(電子メール等)見る側(ホームページ等)の快適さが格段に違う場合があり大切な業務に関係するのであればしっかりとした物を導入、または契約したほうが良い


業務対応ウェブサーバホスティングのメリット

・多重(同時)アクセスが100くらいでも問題なくページが表示される
・複数の社員の電子メールアカウントが契約容量内であれば幾つでも作成できる
・複数の写真が同時に電子メールの送受信を行ってもストレスなく送受信が行える


更新代行などの各種サーバサポートも必要

サーバもパソコンと同じく各種設定が必要で、業務対応用のサーバともなれば操作方法も知識が必要となります。
電子メールアカウントの追加設定、変更などのサーバーサポート
ウェブサイトの更新代行サポートなどもあったほうが良いかもしれません


IT素人、パソコン素人にありがちな勘違い

安いから、簡単だからと自身で用意したホームページ。いざ業務と併用するとなると更新が行えなかったり、めんどくさくなったり。

そうなんです。実は素人の方ほどあれもやりたい、これもやりたいとなりがち。
「本来の業務は何ですか?」なのです。

もちろん自身で運用するのも手かもしれません、ただし、更新を滞れば検索順位は下がるし、ライバル、類似会社のホームページには勝てません。